1. ヒアルロン酸とは、体内にも存在するたんぱく質と結合しやすいという性質のある「多糖類」といわれるゲル状になっている成分です。大変保湿力があるので、化粧品やサプリメントというと、ほとんど定番といわれるほどヒアルロン酸が使用されています。 加…

  2. コラーゲンのよく知られているエフェクトはずばり美肌(何よりもまず、肌トラブルがないというのが最低条件でしょう)効果です。コラーゲン摂取によって、体の内側にあるコラーゲンの新陳代謝が進められ、肌にハリや潤いを持たらすことができるはずです。 …

  3. 女性たちの間でお肌のお手入れ(実は、体調や季節などによって、使う基礎化粧品も変えた方がいいといわれています)にオイルを使うという方も最近よく耳にします。 お肌のお手入れ(実は、体調や季節などによって、使う基礎化粧品も変えた方がいいといわれて…

  4. 肌荒れが生じた場合には、セラミドを食事に取り入れて頂戴。 セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。 というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、これが細胞同士を糊のごとく結合させて…

  5. 肌がカサカサになると肌が荒れやすくなるので、用心してちょーだい。実際、乾燥を防ぐためには、どういった、肌のお手入れを行えば効果があるのでしょうか?保湿に効果的なお肌のお手入れ方法は、血液の流れを良くする、美容に効果的な成分をたくさん含有する…

  6. 正しいお肌のお手入れを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を変えなければなりません。日々同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とお肌のお手入れをしていれば全く問題ないということはありません。 乾燥していると思ったらたっぷりとうるおい…

  7. お肌の基礎手入れにオリーブオイルを使用する人もいます。 メイクを落とすのにオリーブオイルを使ったり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、溜まっている小鼻の皮脂の汚れをきれいにしたりと、自分なりの使い方がされているようです。 沿…

  8. 美容成分が多く取り入れられている化粧水や美容液などを使用すると保水力をよりアップさせることが可能なと思います。 お肌のお手入れには、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸などの成分がふくまれた化粧品をお薦めします。 血流を改善するこ…

  9. 肌は状態を見てお肌のお手入れのやり方を使い分けることが必要です。日々同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とお肌のお手入れをしていれば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたりお肌…

  10. ヒアルロン酸は人の中にもあるタンパク質と組み合わせやすい性質を持った「多糖類」といわれているゲル状の物質です。 とても保湿性がいいため、化粧道具やサプリとあげられれば、ほとんどあたりまえといってよいほどヒアルロン酸が中に入っています。 …

RETURN TOP